Home > 保護者の皆様へ > サッカーをする子を持つ親の方に

サッカーをする子を持つ親の方に

サッカーをする子を持つ親の方に

1.練習や試合を見に行ってあげましょう
    もし時間があるなら、子供と楽しみの時間を共有してあげて下さい。
    子供もそれを望んでいるはずです。

2.選手達の判断を尊重してあげましょう
    自分で判断をし、プレーをすることが、サッカーでもっとも楽しく、そして重要なことです。
    外からの声で彼らの判断に圧力をかけないようにしましょう。

    たとえミスジャッジがあったとしても、それを含めてサッカーというスポーツなのです。
    子供たちがフェアプレーの精神を学ぶ妨げにならないようにしましょう。

4.試合ではすべての子供たちを応援してあげましょう
    自分の子供だけにならないよう、チームのサポーターになってあげて下さい。

5.ゲームでは、相手のいいプレーにも拍手をしてあげましょう 
    相手チームは敵ではなく、サッカーを愛する仲間です。
    相手チームの良いプレーに対しても拍手をしてあげることが、子供たちにとっても良い影響を与えるはずです。

6.試合が楽しかったか、エキサイティングだったか、聞いてあげましょう
    大切なのは、勝敗よりもサッカーを楽しむことです。
    結果だけを聞いていると、勝敗に対するプレッシャーを与えてしまいます。

7.クラブでの役割は指導者に相談してください
    クラブでの仕事をサポートしていただけること、特にけが等の不慮の出来事の際などは非常にありがたいことです。
    しかし、子供たちのためと思って行うことも、やりすぎてしまうと、時に選手が自立することの妨げになることもあります。

8.身体づくりの手助けをしてあげましょう
    身体づくりには、トレーニングだけでなく、バランスのとれた食事を十分な睡眠、そして規則正しい生活習慣が欠かせません。
    子供たちが、より楽しくサッカーができるように、身体づくりの手助けをしてあげましょう。

9.勝敗で指導者にプレッシャーをかけないようにしましょう
    コーチたちは、目先の勝利よりも、一人一人の選手たちを将来に向けて大きく育てようと指導しています。
    親が目先の勝利にこだわってしまうと、結局は、そのしわ寄せが子供たちにくることになってしまいます。

10.子どもたちが サッカーをすることを刺激し、勇気づけてあげましょう
    調子のよいときだけでなく、調子の悪いときもはげましてあげましょう。
    ただし過度の期待は、子供たちにとってのプレッシャーとなり、知らず知らずのうちに子供を追い詰めてしまう場合があります。
    サッカーをするのは、あなたではなく、あなたの子供たちです。
    子供たちには、「子供」でいさせてあげましょう。

 
※上記は、サンフレッチェ広島の下部組織の活動指針に記載されているものです。同クラブの強化部の許可を得て、掲載をさせていただいております

Home > 保護者の皆様へ > サッカーをする子を持つ親の方に

Return to page top