Home > 保護者の皆様へ

保護者の皆様へ

1.練習や試合を見に行ってあげましょう
    もし時間があるなら、子供と楽しみの時間を共有してあげて下さい。
    子供もそれを望んでいるはずです。

2.選手達の判断を尊重してあげましょう
    自分で判断をし、プレーをすることが、サッカーでもっとも楽しく、そして重要なことです。
    外からの声で彼らの判断に圧力をかけないようにしましょう。

    たとえミスジャッジがあったとしても、それを含めてサッカーというスポーツなのです。
    子供たちがフェアプレーの精神を学ぶ妨げにならないようにしましょう。

4.試合ではすべての子供たちを応援してあげましょう
    自分の子供だけにならないよう、チームのサポーターになってあげて下さい。

5.ゲームでは、相手のいいプレーにも拍手をしてあげましょう 
    相手チームは敵ではなく、サッカーを愛する仲間です。
    相手チームの良いプレーに対しても拍手をしてあげることが、子供たちにとっても良い影響を与えるはずです。

6.試合が楽しかったか、エキサイティングだったか、聞いてあげましょう
    大切なのは、勝敗よりもサッカーを楽しむことです。
    結果だけを聞いていると、勝敗に対するプレッシャーを与えてしまいます。

7.クラブでの役割は指導者に相談してください
    クラブでの仕事をサポートしていただけること、特にけが等の不慮の出来事の際などは非常にありがたいことです。
    しかし、子供たちのためと思って行うことも、やりすぎてしまうと、時に選手が自立することの妨げになることもあります。

8.身体づくりの手助けをしてあげましょう
    身体づくりには、トレーニングだけでなく、バランスのとれた食事を十分な睡眠、そして規則正しい生活習慣が欠かせません。
    子供たちが、より楽しくサッカーができるように、身体づくりの手助けをしてあげましょう。

9.勝敗で指導者にプレッシャーをかけないようにしましょう
    コーチたちは、目先の勝利よりも、一人一人の選手たちを将来に向けて大きく育てようと指導しています。
    親が目先の勝利にこだわってしまうと、結局は、そのしわ寄せが子供たちにくることになってしまいます。

10.子どもたちが サッカーをすることを刺激し、勇気づけてあげましょう
    調子のよいときだけでなく、調子の悪いときもはげましてあげましょう。
    ただし過度の期待は、子供たちにとってのプレッシャーとなり、知らず知らずのうちに子供を追い詰めてしまう場合があります。
    サッカーをするのは、あなたではなく、あなたの子供たちです。
    子供たちには、「子供」でいさせてあげましょう。

 
※上記は、サンフレッチェ広島の下部組織の活動指針に記載されているものです。同クラブの強化部の許可を得て、掲載をさせていただいております
"小池のきまり"はみんなで楽しくサッカーをするためのみんなの約束です。 ひとりひとりが"小池のきまり"を心において活動しましょう。

* 練習に来た時は始まる時間まで校庭に入らない。(練習開始の10分以上前に学校に来ない。
* 練習開始までボールにはさわらない。

* 練習で校庭を利用する時、先生や主事さんにお会いしたらあいさつをわすれない。
  監督、コーチ、仲間へもきちんとあいさつする。
  (大きな声でのあいさつがすべての基本)

* 副キャプテンは、主事さんに『小池FCです。校庭を利用させていただきます。』とあいさつに行く。練習が終わった時は『練習が終わりました。ありがとうございました。』とあいさつに行く。

* "練習をするために来ている"ことをわすれないで行動する。

* 練習に遅れた時は、コーチに声をかけてから練習に参加する。

* 集合がかかったらすぐに集まる。話を聞く時は話をしている人の顔を見る。ボールをいじらない。

* 自分のボールや持ち物には、「小池FC 名前」をはっきり書く。

* 練習および試合の時、ボールの管理をする。

* 練習道具を出したりしまったりは、自分の事より先にみんなでやる。

* 試合に参加できない時は、監督と引率当番リーダーに連絡する。

* 練習や試合の行き帰りに、寄り道や買い物をしない。

* 上級生は、下級生の面倒をみる。下級生は上級生の言った事を素直に聞く。

* キャプテンは指示の時、大きな声を出さず、近くの人から遠くの人へ自分たちで指示をすばやく伝える。「いちばんチームのことを考えているキャプテンだから、キャプテンの考えをいちばん尊重する」ということが、「キャプテンとして認める」ということ。

                                                                           以上
 現在、子供達の指導は、各学年の担当コーチ及び練習時間にご都合のついたコーチにお願いしております。

 しかし、例えば、今後高学年の試合と1、2年生、3年生の練習時間が重なった場合、高学年のコーチが試合について行かれる為、1〜3年生の担当コーチのみに子供達の指導をお願いしなければなりません。最悪の場合、一人で20人以上の指導をすることになります。場合によっては、逆のケースで高学年コーチが足りなくなることもあるでしょう。

 そこで、まずは、練習当番(年に3〜4回)の際に、ボール出し・コーン並べ・子供たちのチーム分けや整列・可能な方はミニゲームへの参加等、保護者の方にコーチのお手伝いをお願いすることにさせていただきます。もちろん、お母様だけではなく、お父様にもご協力いただければ幸いです。
安全にサッカーをするため、各家庭で確認して、子供たちにお話し下さい。

服装
動きやすいシャツ
動きやすいパンツ
 (伸縮性あるもの)
サッカーストッキング
すね当て
シューズ
 (小池グランドではスパイク禁止)
室内用シューズ
 (体育館練習の時のみ)

持ち物
リュック
サッカーボール(4号球)
汗拭きタオル
水筒(水orお茶)
暑い時は帽子
寒い時は防寒具
行き帰りには
ボールを必ずリュックに入れて!

暑いときに無理な運動を行なうと熱中症の危険が高くなります。
特にこどもは 脱水による障害を生じやすいので、こまめに水分をとるようにしましょう。
a)15分に1回の「水休み」をとりましょう。
b)身体への吸収をよくするためには、5℃くらいの冷えたものが適しています。
 普通の水でも十分ですが、汗をたくさんかくようなときは、少し糖分や塩分を含んでいるものが適当です。
 ただし、糖分が多すぎると体への吸収が悪くなります。
 スポーツドリンクも少し薄めたぐらいが適切です。


もし熱中症になってしまったら?
a)涼しいところに運んで寝かせ、衣服をゆるめ、頭を低くします。
b)水分を補給します。
c)腋の下、首、足のつけねなどの太い血管を氷などで冷やします。

!意識がしっかりしていないときは、すぐに病院へ!

財団法人日本サッカー協会 発行 「キッズ指導ガイドライン」より引用させていただきました。

Index of all entries

Home > 保護者の皆様へ

Return to page top